中国美術をできるだけ高く売るための4つのコツを紹介

中国美術をできるだけ高く売るための4つのコツを紹介

20年以上前に入手した品を持ち込む

「中国美術をできるだけ高く売りたい」、そんな方も多いのではないでしょうか。

いくつかポイントがありますが、20年以上前に手に入れたものを売りに出すと高値がつく可能性があります。1911年以前の中国美術品は2007年に国外持ち出し禁止となったためです。

そのため、最近手に入れたものだと価値が認められないケースが多いのです。

付属品を揃えておく

中国美術を高く売るためには、付属品にも注意しておきましょう。付属品の有無によって、最終的な買取価格が変わってくることがあるからです。

中国美術品の付属品というと、保証書や取扱説明書をはじめ、美術品が入っていた箱や保存袋、ブランドタグなどがあります。商品を購入した際にセットになっていたと思いますので、一度確認してください。

作家名があるか確認

中国美術をできるだけ高く売るためのポイント、3つ目は「作家名があるかどうか」になります。

どういう人が該当の品を制作したのか、明確にしておきましょう。というのも、作家名によって買取価格が変わってくるからです。

お手持ちの美術品を売る際、事前に作家名があるかを確認し、それから買取の手続きすることをおすすめします。

入手経路を把握しておく

中国美術をできるだけ高く売るためのポイント、最後は「入手経路の確認」です。入手経路、つまり出所をはっきりさせることで、その美術品の価値を算定しやすくなります。

購入した人に聞いてみるのもいいし、それが難しい場合は自分で調べてみるのも良いでしょう。正確な情報が分からなくても、いつ頃手に入れたかの情報があるだけでも違います。

インターネットなどで分かる場合もありますので、一度検索してみるのもおすすめです。

紹介サイト一覧